相談に乗る

リスクと心配

マンションの1室を購入し、誰かに貸して賃料を得るという方法は借主がいない場合もあるのでリスクが有ります。しかし、賃貸マンション経営をする場合、ローンが利用できるので、購入は心配なくできます。

この記事の続きを読む

部屋を見学する

目安と狙い目

ワンルームマンションで不動産投資をしようと考えているのであれば、途中で売却してキャピタルゲインを得るということも、保有し続けてインカムゲインを得るということもできる築浅の賃貸物件が良いです。

この記事の続きを読む

タワーマンションに暮らす

更新手続きをする

賃貸契約の契約期間は通常2年間です。更新をするのであれば、その際に諸々手続きが必要です。退去の場合は、解約予定日の1か月以上前に不動産会社に伝える必要があります。

この記事の続きを読む

都会から離れている

考え方の変化

不動産は売却してキャピタルゲインを獲得するものから、保有してインカムゲインを得るものに代わってきました。また、不動産価格は上昇していますが、賃貸収入を目的に購入する投資家も増えていくと予想されます。

この記事の続きを読む

賃貸住宅

敷金の所有権

見積もりを参考にする

賃貸物件で契約を結ぶときには、その部屋の入居希望者から賃貸人に対して敷金というものを預けなくてはいけません。 敷金は、金融機関でローンなどを借りるときに必要となる担保と全く同じ役割を果たしています。 単純に賃貸マンションの賃貸人に預けておくだけのお金であるため、そのお金を自由に使って良いわけではありません。 例えば、住宅ローンを借りるときに不動産を担保に入れますが勝手な判断でその不動産を売ることは出来ません。 これと同じで、敷金を預けたからと言って賃貸人はその敷金を勝手に処分してはいけないのです。 預かり金の規定は法律に使用目的に関する規定などが存在するため、賃貸マンションで契約をするときでもきちんと保管する必要があるのです。

賃貸マンションの契約が終了すると、その部屋から退去する必要があります。 その際には、入居の時に預けていた敷金を返還してもらうことが可能です。 では、敷金を一般的にどの程度の金額返還してもらうことができるのでしょうか。 これは、全額返還が原則でよほどのことがない限り敷金からお金を使うことは出来ないようになっています。 賃貸マンションの管理人の中には、敷金から部屋の原状回復のために費用を支出しようとする人もいますが遠慮せずに拒否して構いません。 金融機関の担保がそうであるように、担保として預けているお金に関してはきちんとした利用をすれば返還を拒否できないようになっているのです。 これは法律にも規定されていることなので、敷金に関しては自信を持って返還請求をして良いのです。

住みやすい所

ローンが払えない場合

不動産のローンが支払えない時に、不動産の抵当を外して、市場で自由に売却する任意売却を行えば、処分ができます。最近は多くの人がこの制度を使っていますし、金融機関にとってもメリットがあります。

この記事の続きを読む